お金借りる 申込み 書類

カードローン申込み時に必要な書類について

お金を借りるのに必要書類は、身分を証明するのに運転免許証・健康保険証が一般的に必要になります。収入証明書に給料明細・源泉徴収など、自営業の場合に納税証明書が該当します。

 

毎月に決められた金額を返済していく能力があるかを証明するものになり、源泉徴収書もあります。それ以外にも保証人になる場合は、住民票・印鑑証明・保証人の意思表示を証明出来る署名と捺印がある承諾書の準備が大切です。

 

そして顔写真の無いものは、平成28年より犯罪収益移転防止法の改正されて、健康保険証を身分証明書にする時はもう1点必要になり、住民票・マイナンバー・住基カードの用意もします。知り合いや親せきからお金を借りる場合にも、お金の貸し借りの場合には状況は同じなので、書類などの作成を行うことをお勧めです。一般的には契約書と同じになる借用書を作り、誰が・誰から・いつ・いくら借りたのか・毎月いくらずつ返済できるのか・本人の署名や捺印で契約をかまします。

 

借用書の作成は、手書きでも問題はないので、はっきりと証拠として分かるように残しておくと良いです。自分と近い立場の人間でもいつお金のトラブルになるか分からないので、トラブルの元凶は出来るだけなくすようにして置いて下さい。

page top