お金借りる 職業別

各職業でお金の借り方

ここでは、職業別に『一番おすすめのお金の借り方』について紹介しています。

 

「自分もお金借りれるの?」と不安に思っている人は要チェックです!

職業別に見るお金の借り方記事一覧

公務員や会社員であれば、おすすめしたいキャッシングは銀行系カードローンとなりまする間違っても消費者金融系ではないというところが注意点です。特に急ぐという事でもない限りはまず銀行系を考えるべきとなります。理由はシンプルで金利負担が安くなるという事と、信用性が高いという事です。金利負担が安くなれば支払う総額も安くなるわけですから、これは当然といえば当然ですが、信用性も高いという事は注目点といって良いで...

専業主婦がお金を借りる場合は、収入が安定して確保できていないことが多いので、大多数の消費者金融会社からは審査で落とされることが多いです。ただし銀行系カードローンについては話は別で、現在は銀行の審査は昔と比べて非常に簡略化されています。そのため、総量規制対象になってしまったとしてもお金を借りることができるのです。ただし、具体的な返済プランを考えずに、無計画にお金を借りようとすると、自己破産に発展して...

厳しい年金暮らしなどという言葉もあるように、年金だけで暮らすというのは楽な事ではありません。お金が必要になったとき、年金受給者でもお金を借りる方法はあるのでしょうか。まず、お金を借りるというと思いつくのが銀行です。基本的に銀行のカードローンは安定かつ継続した収入が見込まれないと借りることができませんが、年金を定期収入とみなしてくれる銀行もあります。まずは窓口で聞いてみましょう。また、年金以外の定期...

通常は、消費者金融などでお金を借りる場合キャッシングやカードローンになりますがこれらを利用するときに会社員やアルバイトあるいは契約社員向けに作られていますので、自営業者はなかなかお金を手に入れるのは難しくなります。その一方で、フリーランスや法人そして個人事業主はどのようになっているかといえば、やはり自営業者と同じように扱われているきらいがあります。このように、独立や起業をしてしまうと何かとお金を借...

アルバイトやパートでは大手のカードローンやキャッシングが利用できないというイメージがないでしょうか。正社員は収入が多く安定していて社会的信用が高い。それに比べてバイトなどのフリーターは収入が低く不安定で社会的信用が低いというイメージからきているものだと思います。このイメージとは違いフリーターであってもお金を借りることに何ら問題はありません。それは大手のキャッシングやカードローンであっても同じです。...

たとえ働いて収入を得ていたとしても契約社員や派遣社員は立場上弱い事を受けて、キャッシングやカードローンによる融資が受けられないと思い込んでいる方は少なくありません。しかも、融資が受けられる機関があったとしても非常に金利が高く返すのが難しかったり、立ち行かなくなるといった考えもされています。しかし、実際は派遣社員や契約社員であるからと言って融資が禁じられているわけではないため、銀行系のカードローンで...

定職について正社員として働いていても毎月金銭的に苦しい状況になる方は少なくないため、まだ社会に出ておらずせいぜいアルバイトでの収入しかないという学生においては尚更です。しかし、生活や付き合いのためにお金が必要になってしまうシーンは多いため、必要に迫られてお金を用意しなければなりません。そうした金銭的に余裕が無い時に一時的にお金が手に入れられる方法として頼られているのがカードローンやキャッシングです...

日本で暮らす外国人や外国籍を持つ人がお金を借りるときには、意外と戸惑うことが多いです。例えば、母親がアメリカ人のハーフで国籍もアメリカになっている場合などはカードローンやキャッシングが利用できるのでしょうか。基本的に外国籍の外国人でも日本に住んでいればお金を借りる事は可能です。在留カードや特別永住者証明書を提出すれば、カードローンやキャッシングができます。日本に住んでいて住所があり、日本で働いてい...

カードローンやキャッシングを利用する時には会社員でないと融資をうけられないというイメージがありますが、夜職や水商売でも融資をうけることは可能です。夜職や水商売は安定しない仕事と考えられるケースもある一方で収入がサラリーマンよりも多いという人は少なくありません。カードローンやキャッシングは収入が安定していて返済能力がある人になら融資をするという傾向にありますので、会社員でなくても融資をうけられる可能...

page top